So-net無料ブログ作成

ボトックス治療で注意したい事 [ボトックスで知っておきたいこと]

 ボトックスとは、米国アラガン社の商品名で、眼科や神経内科で、
眼瞼・顔面痙攣などの治療のための筋肉の弛緩効果として用いられていました。
 筋肉の働きを数ヶ月間麻痺させるボトックスの効果が、美容外科や美容整形などでは
しわ取りなどに効果的であるのが認められ、アンチエイジングによる美容法などで
ボトックスが用いられるようになってからは、急速にその使用が拡大してきました。

 ボトックスの主要成分は、クロストリジウム・ボツリナム菌(Clostridium botulinum)と
クロストリジウム属菌(Genus Clostridium)のA型毒素(Botulinum Toxin A)です。
 その薬理作用は、アセチルコリン分泌阻害といって、眉間や額、目尻のシワなどの
表情筋の一過性麻痺を生じさせます。
表情筋によるシワは、皮膚に付着した筋肉(表情筋)の収縮が大きく関与しているので、
これらのシワを失くすにはボトックスは非常に効果的です。

 これまで、表情筋によるシワの治療は手術などでは改善していくことが
難しいとされてきましたが、ボトックスを筋肉に注入する事と表情筋による
シワの改善に非常に効果があったのです。

 ただこのボトックスによる治療には、ボトックス注入後数時間頭痛がしたり、
まぶたが重たく感じたりすることや、注入量が多すぎると眼瞼や眉毛が下に
垂れることがあります。
その他にも、アレルギーや注入による内出血などの副作用があげられます。
またボトックスによるしわ治療は、長期間持続するものではなく、
何度も続けるとボトックスに対する抗体ができて、その効果がなくなる可能性があります。

ボトックスを注射する際、注入量が多すぎると表情筋の動きを抑制しすぎてしまって、
表情が乏しくなったり眼瞼や眉毛が下がったりしてしまうことがありますから、
ボトックスでのシワ治療を行なう際は、ボトックスを注入する量に注意しなくてはいけません。

また、ボトックス治療を行なった人の中には、

「あまり効果がなかった」
「不自然な引きつった顔になってしまった」

といった体験をしてしまった人がよくいます。
これは、現在のボトックスによる治療では、ドクターの経験や技術、ボトックスそのものの
品質よって、周辺の筋肉に影響の大きさが違ってしまうためで、治療の際には
経験の豊富な医師の下で受けるのがよいでしょう。
 品質的にいえば、アメリカのアラガンという製薬会社の製品だけが
本物のボトックスと呼べる商品です。
しかし最近では、中国製・韓国製の安いボトックス製剤が出回っているおり、
特に中国製のBTXA・イギリスのイプセンという製薬会社から発売されている
ディスポートという安価なボトックスが使われていることがあります。
 しかし、これらのボトックス製剤は、ゼラチン等の不純物が多く含まれているとか、
効果が弱いなどの問題点が指摘されており、十分な安全性も確認されていないこともあります。
 ボトックスは、一般的にはすべて同じだと思われがちですが、
製品によって安全性や効果に大きな違いがあります。
 すべての製品が認可を受けているのではありません。
FDA・MDAといった公的機関が認可しているのはアラガン社製ボトックスだけである
ということをきちんと認識して、治療前にはそのことを確認しておいてください。

 ボトックス治療において、一度に3000単位以上の使用量は
危険だと言われています。
 通常のシワ治療などで注入されるボトックスの量は、
10~20単位と非常に微量であるため、危険性はありません。
 また、アラガン社のボトックスは30年以上の臨床経験と
世界60カ国以上で使用されており、 アメリカの公的機関であるFDA も
シワの治療薬として認可しています。
また、日本国内においても眼科治療に関しては厚生省が認可している薬剤ですので、
薬剤そのものの成分自体には問題がなく、安心使うことの出来る製剤といえます。

  このボトックスを使用するにあたり、アラガン社はボトックスによる療法の講習を
神戸、名古屋、新宿、福岡、品川などで行っています。
 ボトックス療法は、日本では眼瞼痙攣や片偏性顔面痙攣、痙性斜頸に対してのみ
認められていて、所定の研修にて講習およびボトックス使用の認定を受けた医師でないと
治療を行えません。
 アラガン社医薬品『ボトックス注100』の使用に際には、下記のような
承認条件が付されており、規定の講習・実技セミナーの受講等が必要となってます。

承認条件

1. 再審査期間中は、使用症例の全例を登録制として使用成績調査を行うとともに、
 すべての重篤な有害事象を把握する  適切な措置を講じること。
2. 本剤についての講習を受け、本剤の安全性および有効性を十分に理解し、
  本剤の施注手技に関する十分な知識・経験のある  医師によってのみ
  用いられるよう、必要な措置を講じること。
3. 本剤の使用後に失活・廃棄が安全・確実に行われるよう、廃棄については
  薬剤部に依頼する等、所要の措置を講じ、  廃棄に関する記録を保管すること。

 現在の日本では、眼瞼痙攣や片偏性顔面痙攣、痙性斜頸に対するボトックス注射には
健康保険が適応されます。
 しかし、「しわ」の治療や「腋臭=ワキガ」の治療は自由診療となり保険適応外となります。
 またアラガン社医薬品『ボトックス注100』は非常に高価で
一般的には買う事の出来ない医薬品のため、病院やクリニックでいつも治療できる
とは限りませんので、治療する際はmailや電話で確認しておいて予約するのがベストでしょう。

[PR] 軽自動車 保険


共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。