So-net無料ブログ作成

多汗症に対するボトックスの作用 [ボトックスによる多汗症治療]

 ボトックスは、シワの治療に有効なだけでなく
様々な症状の治療に役立てられています。
 その中で多汗症は、ボトックスが有効に作用する症状の1つです。
 多汗症とは、通常よりも汗が多く出る状態のことで、
精神的なものと生理的なもの、全身的なものと局所的なものなどがあり、
脇、手のひら、足の裏など、人によって多汗症の症状が強くでる場所が異なります。
多汗症とわきがは別のものですが、多汗症の方は臭いが強い傾向があり、
脇の下の多汗症を治療するとわきがの症状も軽くなることがあるようです。

 ボトックス多汗症治療に広く使用されようになったのは、
ボトックスを脇の下などに注射するだけで敏感な汗腺の働きを抑えて、
多汗症の症状を改善することができるからです。

 わきの汗と臭いは、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺から出ています。
 ボトックス注射は、「エクリン汗腺」の働きを止め、
汗の量をほとんど0にさせることが可能となります。
 これまでの多汗症治療は、1泊の入院や
手術後の傷跡が残るなどの心配がありました。
しかし、ボトックス注射による治療は脇の下や手のひら、足裏など
多汗症が気になる部分に数箇所注射をするだけなので、
治療時間は約15~30分と短く、傷跡も残らずに
その日からお風呂にも入ることもできます。

 多汗症に悩まれてる方は、夏になる前の5月、6月頃に治療をすれば、
夏の暑い時期を快適に過ごすことができるでしょう。
 多汗症治療のためのボトックス注射による治療をすると、
筋肉の収縮を抑制するボトックスの作用によって、
治療をした部分の筋肉が動かなくなってしまうのでは?
と心配される方もおられますが、筋肉と汗腺が存在する場所は
深さが異るため、適切な場所の汗腺に注射すれば
筋肉が動きにくくなるということはありません。

 個人差はありますが、効果は約半年間ぐらい持続し、
半年サイクルでボトックス治療を続けていくと
数年で汗腺が萎縮するともいわれています。

 ただし、このボトックス注射による多汗症治療は、厚生省から承認されているものではなく、
タイプによっては、その治療効果があまり見込めない場合もあるようですので、
ボトックス注射による治療の前に、医師とよく相談するようにしてください。

 ボトックスは、多汗症に効果的な治療法の一つとして、最近注目されています。
多汗症、精神面や体質的なものから、汗をたくさんかいてしまう病気です。
多汗症になってしまう原因は多角的なものであるため、人それぞれ治療方法が変わってきます。
 ボトックスは、多汗症治療に有効な方法のひとつとして注目されていますが、
多汗症に対するボトックスの作用はどちかといと治療というより予防に近く、
その効果は永久的に続くものではありません。
 多汗症で悩む人のの多くは、ワキと手の平の部分の汗に悩んでおり、
ボトックスはワキの汗の治療に利用される場合が多いようです。

 ボトックスを、適切な部分に注射するとシワがなくなることで有名ですが、
多汗症に対してはどのような効果があるのでしょうか?
 ワキの下には大きく分けて二つの汗腺があり、一つは皮膚のすぐしたにある汗腺で、
もう一つは毛根につながっている皮膚の深いところにある汗腺です。
 この二つの汗腺のうち、毛穴につながっている汗腺から出てくる汗は、
空気中の殺菌と触れること独特のニオイが発生してしまいます。

これが、ワキガと呼ばれる臭いの原因です。

多汗症の人が皆、ワキガになるわけではありませんが、
ワキに汗を沢山かくこということは、それだけワキガになってしまう可能性が
高くなってしまいます。
 このようなワキに多くの汗をかいてしまう多汗症を完全に治すには、
毛穴につながっている汗腺自体を全て取り除く手術をしなければなりません。
しかし、多汗症は治したいが、仕事の都合で何日も休めない人や
手術にはちょっと抵抗があると言う人には、ボトックスをワキに注射する治療法が
最適といえるでしょう。
 ボトックスをワキに注射することで、ボトックスがワキの神経を刺激して、
汗が出にくくなります。
 ですが、ボトックスによる刺激は数ヶ月でその効果がなくなってしまうため、
ボトックスによる多汗症治療には、定期的にボトックスを注射する必要性ががあります。
 ボトックス注射は、汗の発汗を抑制しますので、
多汗症の治療のには有効な方法の1つです。
 ボトックス注射での多汗症の治療方法とは、脇の下の皮下にボトックスを注射します。
そうすることで、汗腺の神経に直接作用し汗腺の働きを抑制させ、汗の発汗量を低減させます。
 このボトックス注射による多汗症の治療方法は、従来の方法より治療時間が短く、
両脇に注射をしても約5分程です。
 多汗症の中でも、ボトックス注射による治療効果が特に大きいのは精神性発汗型の多汗症です。
 ボトックス注射の主成分であるボツリヌス毒素は、神経の末端に働きかけて
発汗を促進させているアセチルコリンという物質の分泌を抑制します。
これが、ボトックス注射が多汗症に効果的とされているメカニズムなのです。

 ボトックス注射による治療を受けた7~8割の人に、多汗症治療の
治療効果が見られるほど、ボトックス注射は多汗症治療に対し
非常に効果的なのですが、人によって多少違いがあるようで、
少し効いたかなといった程度の人もいるようです。

 また、ボトックス注射の多汗症への効果が現れるのは早ければ翌日、
一般的には3日後くらいからボトックス注射の効き目を
体感する人が多いようです。

ただし、ボトックス注射による多汗症治療は、根本的な治療ではなく、
多汗症に対するボトックスの使用は厚生省から承認されていません。
またボトックス注射によって発汗を抑える効果も、半年くらいは持続しますが
それ以降は多汗症が再発し始めます。(稀に再発しないケースもあるようです。)

 したがって、ボトックスによる多汗症治療には、
ボトックス注射を繰り返し受けることが必要になります。
 治療前にはこれらのことを認識し、承諾しておきましょう。

[PR] 自動車保険 見直し



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。