So-net無料ブログ作成

ボトックスで小顔になれるの? [ボトックスで小顔になるには]

ボトックスは、いま話題のメスを使わないプチ整形にも用いられます。
ボトックスは、筋肉のはたらきを調整するタンパク質の一種でもあり、
FDA(米国厚生省)も治療薬として、認めている安全性の高いものですので、
この働きを活用して顔の表情筋を調整して理想のフェイスラインを
つくりだすことができるので、美容外科でのプチ整形に多用されています。

 たとえば、鼻筋をとおすために鼻に注入したり、
目をパッチリさせるために目の周りに注入したりします。
 また、上唇と鼻のあいだにボトックスを注入すれば、
ガミースマイル(笑ったとき歯肉が見える症状)を治療することもできまし、
張り出したフェイスライン(エラ)を治療するならば、
咬筋(歯を食いしばったときにはたらく筋肉)に注入するこで、小顔の印象を
与えることができます。

そのようなプチ整形で使用するボトックス副作用の心配はあまりありませんし、
効果もマイルドなものですから、柔らかな表情を残した自然な感じに仕上がります。

 小顔になるための治療にボックスを使った場合、その効果の持続時間は
個人差はありますが平均すると約6ヶ月。
 そして、ボトックスの効果は徐々に薄れていきますので、
表情が急に変わるというな不自然なことにはなりません。
 この、効果かゆるやかに現れ消えていくところも、ボトックスがプチ整形に
多く用いられる理由で、元に戻すことも、効き具合の調整することも簡単で自然にできます。

それに、継続的にボトックスを注入していると、効果の持続時間が長くなってきます。

 このボトックスよるプチ整形は、大阪、銀座、名古屋、東京など
全国の美容整形外科で行なう事ができ、芸能人もこれは数多くの行っているようです。

 ボトックスによる治療は、しわの治療以外にもエラ治療なのどの
美容整形にも使用されています。
 非常に人気の高い美容整形のひとつに、エラを小さくすることで小顔に見せるものがありますが、
ボトックスを注射することでできる美容整形の種類として、
代表的なものをいくつかご紹介していきましょう。

これらのプチ美容整形は、今、人気となっています。

ボトックスによる小顔治療

  ・エラの部分にボトックス注射を注入することで、エラの筋肉が動きにくくなり
   引き締まってきて顔を小さく見せます。

 従来の美容整形による小顔治療は、顔にメスを入れ、
骨を削ったりする本格的な手術が必要でした。
 しかし、ボトックス注射による治療方法は、アゴ周辺の咬筋に
ボトックスを注射するだけの簡単な方法で小顔に整形することができます。

ボトックスによる眉治療

  ・ボトックスを眉周辺の筋肉に注射することで、眉の張りを調整することできて
   綺麗な形のアーチ眉を形成することができます。

ボトックスによる目の治療

  ・ボトックスを目の下側の部分の筋肉を注射することで、
   目の周りの筋肉を緩ませ目の縦幅を広げることができます。
   すると、黒目部分か多く露出され、目を大きく見せることができます。

ボトックスによる鼻の治療
  ・ボトックス注射を鼻の筋肉にすることで、筋肉の動きを制限し鼻孔の広がりを
   抑制することができます。 

ボトックスによる口の治療

  ・笑った時などに歯茎がむきだしになってしまうガミースマイルは、
   ボトックスを口元の一部の筋肉に注射することで、
   そのの動きを抑制しガミースマイルの症状を緩和・改善できます。
   これで、笑ったときの顔の印象を変えることができます。

ボトックスによる部分痩せ

  ・ 脂肪ではなく筋肉のせいで腕・ふくらはぎ等が太く見えてしまう方には、
   ボトックスを二の腕・ふくらはぎの部分に注射することで
    筋肉の動きが抑制されますので、ボトックスを注入した部分を
    ほっそりみせることができます。

[PR] 車 保険料



共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。