So-net無料ブログ作成
わきがの治療にボトックス ブログトップ

ボトックスで改善できるわきがとは [わきがの治療にボトックス]

 近年、ボトックスは、美容外科行なわれるシワ治療として、
一般的に認識されるようになってきました。

 ボトックスの恩恵を被っているのは、シワに悩む女性だけではありません。

 例えば、頭痛の原因のひとつである、頭・頚部にある多くの筋肉の異常緊張には、
ボトックスを適切な筋肉へ注射してあげれば、筋肉の緊張が解かれ、
痛みが軽減されるので、筋緊張性頭痛の治療薬としても使用されているようです。

 他には、セールスマン、弁護士、銀行家、株式ブローカーなどの
仕事をしている人の中には、裁判や大事な取引などで、誤った表情を見せる
リスクを軽減するためにボトックスを使用する人もいるそうです。

 しわ治療以外にボトックスが多く用いられているのは、わきがに対する治療です。
 ボトックスでワキガを治療する方法は、汗やニオイの悩みを解決するため、
ワキの下にボトックスを注射するのですが、痛みもほとんどなく、
治療時間は5~10分くらいですみますし、従来のメスを使ったワキガ治療のように
傷が残ったりすることは、ボトックスによる治療ではありません。
また、治療当日から、シャワーや入浴などもしても大丈夫です。

 では、ワキガ治療になぜボトックスが利用できるのかというと、
ボトックスには交感神経の働きを弱める作用があるので、
臭いの素となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動を
ワキの下にボトックスを注入することで抑制できるのです。
 汗の分泌を抑えることができれば、ニオイも軽減できる、というわけです。

 ボトックス注射は、しわ治療だけでなく、多汗症やわきがの治療においても
非常に高い効果があるようです。
 日常生活において汗が多くて困っている方や、その自覚症状が精神的な圧迫となり
さらに汗を多くかいてしまう症状を多汗症といいます。
 そのような方に、ボトックス注射をわきなどの汗が気になる個所にすると、汗を送り出す
筋肉の動きを止めることができて、多汗症の症状を改善することができるようです。
 また、わきがは、アポクリン汗腺と呼ばれる部分から出る汗の1種が、
細菌などに反応して異臭を放ってしまうことにより起こります。
 ボトックス注射により、アポクリン汗腺からの汗の分泌量を
抑えることができるので、軽度~中度のわきがなら治療することができます。
 しかし、重度のわきがの場合はボトックスによる治療の効果は
あまり見込めないので、アポクリン汗腺を取り除く外科手術が必要なようです。

 ワキの汗や臭いは、自分でも気がつかないうちに周りの人に不快感を与えていることがあります。
 今までは、遺伝や体質だからとあきらめてしまっていたかもしれませんが、
現在ではボトックスをワキに注射することにより
自律神経の発汗命令が抑制され、汗の量を抑えることが可能となりました。

 汗の量が減ると、細菌の繁殖が抑えられますから
ワキガなどの異臭を放つ臭いも抑えられます。
 これら、ワキガや多汗症のボトックス治療に要する時間は5分くらいで、
日常生活に制限を受けることなく気軽に治療を受けることができますし、
効果は6ヶ月くらいと持続するといわれてます。

[PR] 軽自動車 任意保険




共通テーマ:健康
わきがの治療にボトックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。