So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボトックスで考えられる副作用


 ボトックスは、比較的副作用の心配がいらない治療法ではありますが、
それでもボトックス注射をした後には一時的に変化が起こることはやっぱりあるようです。

 1番多いボトックス注射の副作用は、注射した付近の筋力低下です。

 ボトックスは、筋肉や神経を麻痺させ、その働きを抑える効果があるわけですが、
例えば、顔のしわをとるのにボトックス注射を使用した場合、
頬がうまく動かず顔が引きつった不自然な笑い顔になることがあったり、
目のまわりにボトックス注射をするとまぶたが垂れ下がるような状態になる
などの副作用が起こる場合があるようです。

 また、ボトックス注射をふくらはぎにした場合は足が疲れやすく、
だるさを感じたり、足がもつれて歩きにくくなったりすることが
ありますが、このような副作用はだいたい2週間くらいで
解消されていくことが多いようです。

 それと、ボトックスを注射する時、強い痛みを感じたりボトックス注射をした周辺が
内出血(皮下出血)したりすることが稀に起こります。
ボトックス注射は、一般的に非常に細い針を使用するなど
痛みや出血に対しは注意をしているのですが、顔には非常に多くの
毛細血管が存在しているので、施術する医師の経験と技量によっては、
このような副作用が起こる場合も有ります。

しかし、このようなボトックス注射による副作用は、1週間もすれば
解消される場合が多くいので、このような副作用についての心配は、
あまり必要ないようです。
 ボトックス注射による治療を行う際には、このような副作用などについても
充分に理解した上で、医師とよく相談してボトックス注射による治療を
するべきかどうか考えるようにしましょう。

 ボトックスは手術をするのではなく、注射と薬物投与によって
シワを治療していくのですが、ボトックスの投与後には色々な
副作用がともなうことがあります。
 では、ボトックス治療にはどんな副作用が挙げられるのでしょうか?

まず、ボトックス治療は、
注射を使用するため注射による痛みが伴います。
痛みの程度は、注射をする場所や注入量などそれぞれによって違ってきます。

そして、何よりも1番大事なのは、ボトックスはその適正量や正しい使用法が
確立しているわけではないのでドクターの技術や経験値に頼る部分が大きいことです。
 ボトックスの注入量やドクターの経験・技術によっては、注射した場所が
内出血を起こしたり、注射後に頭痛を起こすことがあります。
また、ボトックス治療は、注射した周辺の筋肉に影響を及ぼしてしまうため、
目の周辺に注射するとまぶたの垂れ下がりが起こる可能性があります。

 顔の表情に関係している筋肉の動きをコントロールするのが
ボトックス治療の特徴ですから、注射をする場所や注入量によっては、
注射する前と後では表情がまったく変わってしまうことが起こることもかんがえられます。
 ただ、これらの副作用は必ず生じるわけではありません。
治療されるドクターの、技術や経験値によってもその結果は違ってくるでしょう。
このような副作用を伴う可能性があるため、妊婦や授乳中の方は
ボトックスによるシワ治療はしないほうがいいですし、
妊娠は注射後半年くらいは避けた方がよいようです。

 それと、治療に使われる成分にアレルギーのある方や、
筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬を服用中の方も
ボトックスによる治療はできません。
またボトックスの治療を受ける際、注射後、注射部位の
内出血・腫れ・赤みが増すことがあるという理由から、禁止事項がいくつかあります。

禁止されているのは、治療当日の

  ・ 長時間の入浴
  ・ サウナ
  ・ 飲酒
  ・ マッサージなど

などですので注意してください。

[PR] 自動車 任意保険 保険料



共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。