So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2009年08月 |2009年09月 ブログトップ
前の10件 | -

ボトックス治療を効果的に行なうには [ボトックスその効果とは]

 ボトックスということばを聞いたことがありますか。

 ボトックスは、シワの治療や小顔など女性の悩みを改善したり、
様々な病気の治療に役立つ薬です。
 このサイトでは、ボトックスとはどのようなものなのか、
ボトックスはどのような症状に対して有効でどんな効果が得られるのかを
詳しく紹介していきます。

 そもそもボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出された成分で、
食中毒の原因菌ともされています。
 食中毒菌には、感染型の食中毒菌と毒素型の食中毒菌があり、
毒素型の食中毒菌の代表ともいえるボツリヌス菌には、
ブドウ球菌が含まれます。

現在使われているボトックスの利用法としては、
しわの治療のためにしわの気になる部分にボツリヌス菌毒素から抽出した成分を
注射をする方法があり、ボツリヌス菌毒素の成分には筋肉の動きを抑制する
という働きがあるため、ボトックスを注射などで気になる部分注入すると、
しわの原因となる表情筋の動きを抑制してくれます。

 年齢を重ねるごとに顔のしわは目立ってきます。
特に、目じりのしわ、口の周りのしわ、眉間に刻まれるしわなどの表情じわは、
見た目の年齢を大きく左右してしまう要素です。

 これらの表情じわは、ボトックスを注入することで改善されます。
 表情じわは表情筋の動きによって刻み込まれるため、ボトックスの筋肉の動きを制御する
という効果で、そのようなしわの改善が図られるわけです。
 ボトックスは、筋肉の動きを抑制しますが、適正な処置で行なえば、
笑ったりしたときなどの表情の動きにボトックスは影響を与えません。

 ただし、ボトックス注射が全てのしわに効くのでありません。
 顔の「表情筋の影響」によってできる表情じわにその効果は限られます。

 ボトックスは、注入部分の筋肉と神経の接合部に作用して、
局所的に筋肉の働きを弱めることができます。
 具体的には、ボトックス製剤が筋肉の収縮時に発生される
アセチルコリンという物質の働きをブロックするので、
筋肉の働きを抑制することができるのです。
 このようなボトックスの作用を応用し、過剰な筋肉の収縮を弱めることで
、しわの除去や小顔、ふくらはぎの部分やせ、などを可能にしているのです。
 そのため、ボトックスは筋緊張が強いためにできてしまう、
しわやエラの治療に対して非常に有効に作用します。

 ボトックスによるシワ治療は、額(おでこ)にできる横じわ、眉間のしわ、
目尻にできるしわ(からすの足跡)などに最適です。
 それにボトックスは、微量を注入しただけでも
数日後に効その効果が発揮され、最長で1年ほど効果が持続されます。

 しかし、ボトックスは非常に不安定な品質の薬剤で、
保存状態によってはその効果が著しく減少してしまうため、
管理には細心の注意が必要となります。

通常、ボトックスは冷凍保存されており、
海外からも輸入する場合も冷凍便にて輸送されています。
使用時には、生理食塩水を一定量ボトックス粉末が入ったバイヤル(瓶)に
混合してしますので、ボトックス治療を行なうには、
常に混合直後の鮮度の高い状態で使用することが理想です。

 ですが、使用頻度の少ないところでは1アンプルを
数ヶ月にわたって使用するケースもあるようなので、
ボトックスでシワや小顔などの治療をする際には、
医師とのカウンセリングの時に、ボトックスの保存方法や
生理食塩水を混ぜてからの日数、クリニックで使用しているボトックスの
輸入経路などを確認してください。

 現在、ボトックス治療に使われているボツリヌス製剤は、
米国産、英国産、中国産のものがあり、同じ米国のアラガン社のボトックスでも、
表書きが「英語表記の直輸入のもの」と「中国語表記の台湾経由のもの」があります。

 ボトックス注射をすると、なぜ筋肉の動きが抑えられるのでしょう?
筋肉が動く仕組みというのは、それぞれの神経と筋接合部から
神経伝達物質(アセチルコリン)が分泌されることにより、筋肉と神経が連結されて動きます。
 筋肉と神経との間には隙間があるため、なにもなければ筋肉は動くことができません。
 アセチルコリンという神経伝達物質は、脳から筋肉に対して動けという信号が送られると、
神経側から筋肉の接合部に向かって分泌されます。このアセチルコリンが分泌されると、
筋肉側からアセチルコリンレセプターという物質が分泌され、神経側が
アセチルコリンを受け取り、お互いが結合し手をつないだ状態となります。
こうして信号が筋肉に伝えられ動くわけです。

だから、筋肉が動くにはアセチルコリンの分泌がなけれいけません。
重症筋無力症は、このアセチルコリンがうまく分泌されない
ために起こる病気の代表です。

ボトックスは、アセチルコリンの分泌を抑える働きがあります。
ボトックスを注射した筋肉の周辺部分は、
アセチルコリンの分泌が抑えれ筋肉の動きも抑制されてしまいますから
筋肉の働きよってできたシワやエラが改善されて行く訳です。

ただし、ボトックス注射にはいくつかの 副作用があります。

・ 内出血…1~2日で改善します。
・ アレルギー反応…一時的な皮膚の赤みがおこることがあります。
・ 注射時の痛み…痛みをとるために麻酔クリームを使用する場合があります。
・ 眼瞼下垂…経験及び症例数の少ない医師の場合、
技術的な問題で目が開きにくくなることがあります。

これらのボトックス注射による副作用は、時間とともに軽減されていくようです

[PR] 軽自動車 保険料



共通テーマ:美容

相互リンクサイト 1 [相互リンク 1]


車 買い替え 保険
自動車保険は車種によって保険料が違います

自動車保険 乗り換え
自動車保険は保険料と補償のバランスで選びましょう

外資系 自動車保険
今、外資系保険会社は安いだけではないんです。

自動車保険 切り替え
保険料だけでなくサービスや事故対応の充実しているお得な自動車保険は?

任意保険 保険料
補償やサービスも満足できる安くてお得な自動車保険とは

自動車保険 満足度
イザというときのための自動車保険だからこそ、信頼できる保険を選びましょう

車 保険会社
あなたは何を重視して自動車保険を選びますか?

ハイドロキノン
ワントーン明るい肌を手いれるたいならハイドロキノンで美白ケアを

首 シワ
以外に目立つ首のシワ。深く刻まれてしまう前にしっかりケアを



共通テーマ:自動車

ボトックス注射ってどんなもの [ボトックス注射その効果とは]

 ボトックスというのは、ボツリヌス菌の神経毒素複合体の中から
A型という血清型毒素だけを精製して取り出した製剤です。
 ボツリヌス菌と聞くと食中毒を一般的に頭に思い描いてしまいますが、
ボトックス治療はあくまでも調整した毒素を使うので全く問題ありません。

 ボトックスは、欧米では1970年代から
シワ、多汗症、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頚、斜視、顔面チック、片頭痛などの
疾患治療に使用されていて、日本でもアラガン社ボトックス注100 (A型ボツリヌス毒素)
という商品名で、1997年4月から眼瞼痙攣の治療薬として厚生労働省から認可されています。

しかし、シワや多汗症の治療薬としては、残念ながらまだ厚生省の認可がおりていないので、
日本国内ではこの薬が購入できないため製造会社から医師が治療薬として
直接輸入するしかないので高価なものとなっています。

 ボトックスを使ってシワ治療を行なう際は、洗顔したあと検査し、ボトックスの使用量等をきめます。
 医師の診断に基づき、ボトックの使用量等が決まったら、細い針を使って
ボトックス注射を注入します。
 痛みに弱い方へは麻酔を使用する場合もありますが、施術後は
化粧をして帰宅していただいてもかまいません。
 ボトックスの施術当日は入浴はできませんが、洗顔やシャワーは可能です。
 その後、ボトックス治療の効果を確認するため、術後3週間たったら受診が必要です。

 ボトックス注射を注入後、2~4日でその効果が現れはじめ、2~3週間で最大となります。
 個人差がありますが、効果の持続期間は、4~6ヶ月くらいです。
 ボトックス注射は、表情を表す筋肉の動きを抑制してシワを改善する方法で、
深いシワの溝を埋めるにはコラーゲンやヒアルロン酸などの注入療法が必要となります。

 ボトックスによる治療は、どのような悩み・症例に効くのでしょうか。
 ボトックスには、注入された部分の動きを抑える働きがあるので、
表情筋による額やおでこにできる横じわ、眉間のしわ、目尻に出来るカラスの足跡のような
しわを解消することができます。
 また、その他のにも、多汗症の改善やエラ張りの元となる
咬筋をスッキリさせる(=小顔効果・歯ぎしり改善)効果があります。
 ボトックスによるしわ治療は、しわの溝そのものを埋める
ヒアルロン酸とは異なり、注入された部分の末梢神経からの命令が
筋肉に伝わりにくくなって一部の筋肉を働かせなくすものなので、
浅いしわの治療に効果があります。
 個人差がありますが、ボトックスのしわに対する効果は
3ヶ月~6ヶ月程度で、ボトックスを注入後、その効果が現れるまでに
2週間~2ヶ月ほどかかります。また、3ヶ月~8ヶ月程度で
定期的に注射することにより効果は長続きします。

 ボトックス注射によるシワ治療は、フェイスリフトの手術を受けたのと同じくらいの効果があります。
 ボトックス注射の施術方法は、最も痛みの感じにくい
細い針で注入し、注入部位によって多少異なりますが、
一ヶ所あたり数十秒~数分の時間で終了します。
 また、注入部位が多少黄色くなったり赤くなる場合がありますが
お化粧などでごまかすことができ、2~3日くらいで消失しますので心配はありません。
 ただ、ボトックス注射をした当日は、入浴や飲酒を控え、施術後3~4日間は
他部位へのボトックスの拡散を防ぐために注入部のマッサージはしないでください。
化粧や洗顔は、施術後行っていただいてかまいません。
 そして、ボトックスの最低作用期間である3ヶ月間は、
妊娠や授乳(男性は受精)の安全性が未確認ですので、避けるよう注意してください。

 ボトックス注射は、額や目尻などの気になる表常ジワの改善には
とても有効な治療法の1つですが、ここでは「ボトックス注射」の
メリット・デメリットを紹介したいと思います。

ボトックスのメリット≫

 従来のしわ治療といえば、メスを使用した外科手術が主流で、耳の後ろ辺りの皮膚を切除し、
顔の皮膚を後ろに引っ張って縫い合わせるというものでした。
 しかし、ボトックスがシワの治療に有効なことが分かると、
メスを使わずに注射で済むようになりましたので、
以前よりも患者さんの心身の負担が減ったと言えるでしょう。
 またボトックスのしわの改善効果は数ヶ月で消えてしまいますから、
万が一、治療の結果が気に入らなくても数ヶ月我慢すれば元に戻すことができます。
 ですが、ボトックス注射によるシワ治療の効果が優れているので、
効果が切れてシワが戻ってくるといたたまれなくなり、再度治療する方が多く、
「一度打ったらもう止められない」と感じる方が多いようです。
 また、注射の箇所や本数によって違いますが、ボトックス注射における治療時間は
約10分~1時間くらいです。

ボトックスのデメリット≫

 ボトックスのシワ改善の効果を維持するには、ボトックス注射を定期的に打つ必要があります。
 ボトックスが注入された部分は、筋肉を動かすための神経伝達物質アセチルコリンの放出が
抑えられるため、表情ジワの原因である表情筋が動きにくくなりますが、ボトックス注射後
3ヶ月くらい経つと、新しい運動神経の側副枝が伸びるため、アセチルコリンの放出量が多くなってきます。
 ですから、年に2~6回程度、ボトックス注射による治療を
続けることが必要となってきますので、費用・心身の負担が長い間続くこととなります。
逆に言えば、もし気に入らなければ数ヶ月待てば元に戻るというメリットでもあります。
 そして、ボトックス注射による治療の効果のほどは、
治療にあたる医師の経験や技術によって大きく左右されてしまいますので、
治療の際は経験豊富なドクターを慎重に選ぶ必要があります。

 ボトックスの注入量が多すぎると、表情筋の動きを抑制しすぎてしまい、
「能面」の様に表情が乏しくなってしまうことがあありますし、
免疫系の過剰反応を引き起こす場合もあるので、治療場所や施術される医師選びは
くれぐれも慎重に行なうよう気をつけてください。

[PR] 自動車保険 保険料



共通テーマ:美容

ボトックスで考えられる副作用


 ボトックスは、比較的副作用の心配がいらない治療法ではありますが、
それでもボトックス注射をした後には一時的に変化が起こることはやっぱりあるようです。

 1番多いボトックス注射の副作用は、注射した付近の筋力低下です。

 ボトックスは、筋肉や神経を麻痺させ、その働きを抑える効果があるわけですが、
例えば、顔のしわをとるのにボトックス注射を使用した場合、
頬がうまく動かず顔が引きつった不自然な笑い顔になることがあったり、
目のまわりにボトックス注射をするとまぶたが垂れ下がるような状態になる
などの副作用が起こる場合があるようです。

 また、ボトックス注射をふくらはぎにした場合は足が疲れやすく、
だるさを感じたり、足がもつれて歩きにくくなったりすることが
ありますが、このような副作用はだいたい2週間くらいで
解消されていくことが多いようです。

 それと、ボトックスを注射する時、強い痛みを感じたりボトックス注射をした周辺が
内出血(皮下出血)したりすることが稀に起こります。
ボトックス注射は、一般的に非常に細い針を使用するなど
痛みや出血に対しは注意をしているのですが、顔には非常に多くの
毛細血管が存在しているので、施術する医師の経験と技量によっては、
このような副作用が起こる場合も有ります。

しかし、このようなボトックス注射による副作用は、1週間もすれば
解消される場合が多くいので、このような副作用についての心配は、
あまり必要ないようです。
 ボトックス注射による治療を行う際には、このような副作用などについても
充分に理解した上で、医師とよく相談してボトックス注射による治療を
するべきかどうか考えるようにしましょう。

 ボトックスは手術をするのではなく、注射と薬物投与によって
シワを治療していくのですが、ボトックスの投与後には色々な
副作用がともなうことがあります。
 では、ボトックス治療にはどんな副作用が挙げられるのでしょうか?

まず、ボトックス治療は、
注射を使用するため注射による痛みが伴います。
痛みの程度は、注射をする場所や注入量などそれぞれによって違ってきます。

そして、何よりも1番大事なのは、ボトックスはその適正量や正しい使用法が
確立しているわけではないのでドクターの技術や経験値に頼る部分が大きいことです。
 ボトックスの注入量やドクターの経験・技術によっては、注射した場所が
内出血を起こしたり、注射後に頭痛を起こすことがあります。
また、ボトックス治療は、注射した周辺の筋肉に影響を及ぼしてしまうため、
目の周辺に注射するとまぶたの垂れ下がりが起こる可能性があります。

 顔の表情に関係している筋肉の動きをコントロールするのが
ボトックス治療の特徴ですから、注射をする場所や注入量によっては、
注射する前と後では表情がまったく変わってしまうことが起こることもかんがえられます。
 ただ、これらの副作用は必ず生じるわけではありません。
治療されるドクターの、技術や経験値によってもその結果は違ってくるでしょう。
このような副作用を伴う可能性があるため、妊婦や授乳中の方は
ボトックスによるシワ治療はしないほうがいいですし、
妊娠は注射後半年くらいは避けた方がよいようです。

 それと、治療に使われる成分にアレルギーのある方や、
筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬を服用中の方も
ボトックスによる治療はできません。
またボトックスの治療を受ける際、注射後、注射部位の
内出血・腫れ・赤みが増すことがあるという理由から、禁止事項がいくつかあります。

禁止されているのは、治療当日の

  ・ 長時間の入浴
  ・ サウナ
  ・ 飲酒
  ・ マッサージなど

などですので注意してください。

[PR] 自動車 任意保険 保険料



共通テーマ:美容

ボトックスで小顔になれるの? [ボトックスで小顔になるには]

ボトックスは、いま話題のメスを使わないプチ整形にも用いられます。
ボトックスは、筋肉のはたらきを調整するタンパク質の一種でもあり、
FDA(米国厚生省)も治療薬として、認めている安全性の高いものですので、
この働きを活用して顔の表情筋を調整して理想のフェイスラインを
つくりだすことができるので、美容外科でのプチ整形に多用されています。

 たとえば、鼻筋をとおすために鼻に注入したり、
目をパッチリさせるために目の周りに注入したりします。
 また、上唇と鼻のあいだにボトックスを注入すれば、
ガミースマイル(笑ったとき歯肉が見える症状)を治療することもできまし、
張り出したフェイスライン(エラ)を治療するならば、
咬筋(歯を食いしばったときにはたらく筋肉)に注入するこで、小顔の印象を
与えることができます。

そのようなプチ整形で使用するボトックス副作用の心配はあまりありませんし、
効果もマイルドなものですから、柔らかな表情を残した自然な感じに仕上がります。

 小顔になるための治療にボックスを使った場合、その効果の持続時間は
個人差はありますが平均すると約6ヶ月。
 そして、ボトックスの効果は徐々に薄れていきますので、
表情が急に変わるというな不自然なことにはなりません。
 この、効果かゆるやかに現れ消えていくところも、ボトックスがプチ整形に
多く用いられる理由で、元に戻すことも、効き具合の調整することも簡単で自然にできます。

それに、継続的にボトックスを注入していると、効果の持続時間が長くなってきます。

 このボトックスよるプチ整形は、大阪、銀座、名古屋、東京など
全国の美容整形外科で行なう事ができ、芸能人もこれは数多くの行っているようです。

 ボトックスによる治療は、しわの治療以外にもエラ治療なのどの
美容整形にも使用されています。
 非常に人気の高い美容整形のひとつに、エラを小さくすることで小顔に見せるものがありますが、
ボトックスを注射することでできる美容整形の種類として、
代表的なものをいくつかご紹介していきましょう。

これらのプチ美容整形は、今、人気となっています。

ボトックスによる小顔治療

  ・エラの部分にボトックス注射を注入することで、エラの筋肉が動きにくくなり
   引き締まってきて顔を小さく見せます。

 従来の美容整形による小顔治療は、顔にメスを入れ、
骨を削ったりする本格的な手術が必要でした。
 しかし、ボトックス注射による治療方法は、アゴ周辺の咬筋に
ボトックスを注射するだけの簡単な方法で小顔に整形することができます。

ボトックスによる眉治療

  ・ボトックスを眉周辺の筋肉に注射することで、眉の張りを調整することできて
   綺麗な形のアーチ眉を形成することができます。

ボトックスによる目の治療

  ・ボトックスを目の下側の部分の筋肉を注射することで、
   目の周りの筋肉を緩ませ目の縦幅を広げることができます。
   すると、黒目部分か多く露出され、目を大きく見せることができます。

ボトックスによる鼻の治療
  ・ボトックス注射を鼻の筋肉にすることで、筋肉の動きを制限し鼻孔の広がりを
   抑制することができます。 

ボトックスによる口の治療

  ・笑った時などに歯茎がむきだしになってしまうガミースマイルは、
   ボトックスを口元の一部の筋肉に注射することで、
   そのの動きを抑制しガミースマイルの症状を緩和・改善できます。
   これで、笑ったときの顔の印象を変えることができます。

ボトックスによる部分痩せ

  ・ 脂肪ではなく筋肉のせいで腕・ふくらはぎ等が太く見えてしまう方には、
   ボトックスを二の腕・ふくらはぎの部分に注射することで
    筋肉の動きが抑制されますので、ボトックスを注入した部分を
    ほっそりみせることができます。

[PR] 車 保険料



共通テーマ:美容

塗るボトックスってどんなもの? [塗るボトックスでのシワ治療]

 ボトックスによるシワ治療の方法は、注射による方法と気になる部分に
神経伝達物質の分泌を抑える成分を塗る方法があります。
 ボトックス注射による治療法は、ボツリヌス毒素と呼ばれる
自然界に存在するボツリヌス菌が体内に入り繁殖時に出す毒素を
応用したもので、表情筋の神経を麻痺させ、しわを作らなくさせて改善する治療法です。
 ボトックスを注射することにより、表情じわの原因となっている
顔の筋肉の緊張が取れ、肌に張りを出します。
またボトックス注射は、表情じわだけでなく、ふくらはぎに注射すると、
美脚になったり、ワキガや多汗症にも使用されます。

 ボトックスを注射したら、通常2~3日経つとその効果が出始め、
7日以内にははっきりとその効果が現れ、ボトックス注射による
治療の費用は、1箇所あたり5~8万円くらいで、時間も15分くらいでできます。
 個人差もありますが、その効果の持続時間には約4ヶ月~半年。
ボトックス注射を繰り返し行うことによって、その効果は
維持することができます。 ボトックス注射には、まぶたが重く感じられたり、
眉毛下垂などの副作用がありまが、これらは通常2週間ほどでよくなっていきます。

 そして塗るボトックスとは、神経伝達物質の分泌を抑えるボトックス
同じような効果のあるアルジルリン配合の化粧品を使って行なうシワの治療の方法です。

 アルジルリンは、ボトックスの有効成分のみを抽出し、アレルギーが起こりにくい
安定構造を持たせた化粧品成分で、神経伝達物質の過剰な分泌を抑える働きがあるので
ボトックス注射と同じ様に表情じわを改善する効果があります。
 このアルジルリン配合の化粧品によるしわ治療は、ボトックス注射のような痛みや
恐怖感はなくアルジルリンは一般医薬品原料としての試験で安全性が確認されて
いますので、副作用の心配もいりませんし費用もボトックス注射より安く済みます。

 この塗るボトックスによるしわの改善効果は、ボトックス注射のように
すぐに現れるものではありませんが、ボトックス注射に抵抗を感じる人には
副作用の心配もなく費用も安いこちらの方法で試してみるのもいいのではないでしょうか。

 費用が安く、副作用の心配のない表情ジワを改善する塗るボトックスとは、
正確にはボトックスではく、ボトックスに似た効果のあるものです。
 新開発された「アルジルリン」という成分を含んだ美容液などが、塗るだけで
ボトックスと同じように表情ジワの改善効果が得られるため、
塗るボトックスといつからか一般的に呼ばれるようになりました。
よって、塗るボトックスと巷で言われているアルジルリン配合の化粧品は、
しわを改善する作用はボトックスによるものと似てはいますが、その成分は全く別の物です。

 では、塗るボトックスに使われているアルジルリンとは何なんでしょうか。
 アルジルリンとは、スペインの会社が、ボトックスに代わる成分として開発したもので、
スペインではボトックス注射が法律で禁止されていますので、
シワ治療のためにボトックスと同じ働きをする成分の開発を急ぐ必要があったのです。
 その結果として、生まれたのが「アルジルリン」なのです。

 アルジルリンには、ボトックスと同じように筋肉の動きの元である
神経伝達物質の放出を抑制する効果があり、目じりや眉間のしわ
・額の横じわ等の原因となる「表情筋の動き・緊張」を緩和して表情ジワの改善をします。
 ボトックス治療は、ボツリヌス菌毒素から抽出された成分を皮膚の内部に
直接注射しますが、アルジルリンは皮膚に塗りこむだけで
ボトックスと同じような働きをして、しわを改善する事ができるようになりました。

 世界の美容業界は副作用の心配がなく非常に費用がかからない
このアルジルリンの誕生に驚かされ、様々な化粧品メーカーが
アルジルリン配合化粧品を作るようになり、塗るボトックスと呼ばれるようになったのです。

 塗るボトックスとは、アルジルリン配合の化粧品を使って神経伝達物質の分泌量を抑え
シワなどを改善する方法ですが、ここでは、その使用方法を具体的にご紹介します。

 まずは、

1.朝晩2回、洗顔後に化粧水などで肌を整えます。

2.塗るボトックスといわれるアルジルリン配合の化粧品を適量を手のひらにとり、
  額・眉間・目尻・ほうれい線・口元・首筋など表情ジワが気になる部分にクルクルと優しく
  マッサージするように塗布してください。
  特に気になる部分があれば丁寧に塗り込んでください。

3.2~3分で乾きますので、乳液をご使用の場合はここでご使用し、
後は、通常通りのメイクをしてください。

 このように特に難しいものではないので、日々のスキンケアの一環として
ご使用いただければ、表情ジワが徐々に改善されていくでしょう。

 この塗るボトックスの大きな特徴は

・ 塗るだけでOK。
・ 痛みもなく、副作用の心配がない。
・ 価格が安い。

 塗るボトックスであるアルジルリン化粧品は、どのメーカーのものでも
単価は7千円~1.5万円くらいですし、日々のお手入れに加えるだけで済みます。
 塗るボトックス(アルジルリン化粧品)に使用されるアルジルリンは、
アミノ酸という事もあり極めて安全で副作用は今のところ報告されていないようです。

 日本の成分メーカーがおこなったアルジルリンのシワ改善実験データによると
(毎日2回・30日間使用)、元のしわの深さを100%とした場合

・15日後に23%
・30日後には33%

シワの深さが浅くなった(=しわが薄くなった)という結果が出ています。

 ボトックス注射に比べると、その効果が出るまで時間がかかりますが、
安全性・費用の安さ・手軽さを考えるなら、塗るボトックスの使用してみるのもいいでしょう。

[PR] 自動車保険料


多汗症に対するボトックスの作用 [ボトックスによる多汗症治療]

 ボトックスは、シワの治療に有効なだけでなく
様々な症状の治療に役立てられています。
 その中で多汗症は、ボトックスが有効に作用する症状の1つです。
 多汗症とは、通常よりも汗が多く出る状態のことで、
精神的なものと生理的なもの、全身的なものと局所的なものなどがあり、
脇、手のひら、足の裏など、人によって多汗症の症状が強くでる場所が異なります。
多汗症とわきがは別のものですが、多汗症の方は臭いが強い傾向があり、
脇の下の多汗症を治療するとわきがの症状も軽くなることがあるようです。

 ボトックス多汗症治療に広く使用されようになったのは、
ボトックスを脇の下などに注射するだけで敏感な汗腺の働きを抑えて、
多汗症の症状を改善することができるからです。

 わきの汗と臭いは、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺から出ています。
 ボトックス注射は、「エクリン汗腺」の働きを止め、
汗の量をほとんど0にさせることが可能となります。
 これまでの多汗症治療は、1泊の入院や
手術後の傷跡が残るなどの心配がありました。
しかし、ボトックス注射による治療は脇の下や手のひら、足裏など
多汗症が気になる部分に数箇所注射をするだけなので、
治療時間は約15~30分と短く、傷跡も残らずに
その日からお風呂にも入ることもできます。

 多汗症に悩まれてる方は、夏になる前の5月、6月頃に治療をすれば、
夏の暑い時期を快適に過ごすことができるでしょう。
 多汗症治療のためのボトックス注射による治療をすると、
筋肉の収縮を抑制するボトックスの作用によって、
治療をした部分の筋肉が動かなくなってしまうのでは?
と心配される方もおられますが、筋肉と汗腺が存在する場所は
深さが異るため、適切な場所の汗腺に注射すれば
筋肉が動きにくくなるということはありません。

 個人差はありますが、効果は約半年間ぐらい持続し、
半年サイクルでボトックス治療を続けていくと
数年で汗腺が萎縮するともいわれています。

 ただし、このボトックス注射による多汗症治療は、厚生省から承認されているものではなく、
タイプによっては、その治療効果があまり見込めない場合もあるようですので、
ボトックス注射による治療の前に、医師とよく相談するようにしてください。

 ボトックスは、多汗症に効果的な治療法の一つとして、最近注目されています。
多汗症、精神面や体質的なものから、汗をたくさんかいてしまう病気です。
多汗症になってしまう原因は多角的なものであるため、人それぞれ治療方法が変わってきます。
 ボトックスは、多汗症治療に有効な方法のひとつとして注目されていますが、
多汗症に対するボトックスの作用はどちかといと治療というより予防に近く、
その効果は永久的に続くものではありません。
 多汗症で悩む人のの多くは、ワキと手の平の部分の汗に悩んでおり、
ボトックスはワキの汗の治療に利用される場合が多いようです。

 ボトックスを、適切な部分に注射するとシワがなくなることで有名ですが、
多汗症に対してはどのような効果があるのでしょうか?
 ワキの下には大きく分けて二つの汗腺があり、一つは皮膚のすぐしたにある汗腺で、
もう一つは毛根につながっている皮膚の深いところにある汗腺です。
 この二つの汗腺のうち、毛穴につながっている汗腺から出てくる汗は、
空気中の殺菌と触れること独特のニオイが発生してしまいます。

これが、ワキガと呼ばれる臭いの原因です。

多汗症の人が皆、ワキガになるわけではありませんが、
ワキに汗を沢山かくこということは、それだけワキガになってしまう可能性が
高くなってしまいます。
 このようなワキに多くの汗をかいてしまう多汗症を完全に治すには、
毛穴につながっている汗腺自体を全て取り除く手術をしなければなりません。
しかし、多汗症は治したいが、仕事の都合で何日も休めない人や
手術にはちょっと抵抗があると言う人には、ボトックスをワキに注射する治療法が
最適といえるでしょう。
 ボトックスをワキに注射することで、ボトックスがワキの神経を刺激して、
汗が出にくくなります。
 ですが、ボトックスによる刺激は数ヶ月でその効果がなくなってしまうため、
ボトックスによる多汗症治療には、定期的にボトックスを注射する必要性ががあります。
 ボトックス注射は、汗の発汗を抑制しますので、
多汗症の治療のには有効な方法の1つです。
 ボトックス注射での多汗症の治療方法とは、脇の下の皮下にボトックスを注射します。
そうすることで、汗腺の神経に直接作用し汗腺の働きを抑制させ、汗の発汗量を低減させます。
 このボトックス注射による多汗症の治療方法は、従来の方法より治療時間が短く、
両脇に注射をしても約5分程です。
 多汗症の中でも、ボトックス注射による治療効果が特に大きいのは精神性発汗型の多汗症です。
 ボトックス注射の主成分であるボツリヌス毒素は、神経の末端に働きかけて
発汗を促進させているアセチルコリンという物質の分泌を抑制します。
これが、ボトックス注射が多汗症に効果的とされているメカニズムなのです。

 ボトックス注射による治療を受けた7~8割の人に、多汗症治療の
治療効果が見られるほど、ボトックス注射は多汗症治療に対し
非常に効果的なのですが、人によって多少違いがあるようで、
少し効いたかなといった程度の人もいるようです。

 また、ボトックス注射の多汗症への効果が現れるのは早ければ翌日、
一般的には3日後くらいからボトックス注射の効き目を
体感する人が多いようです。

ただし、ボトックス注射による多汗症治療は、根本的な治療ではなく、
多汗症に対するボトックスの使用は厚生省から承認されていません。
またボトックス注射によって発汗を抑える効果も、半年くらいは持続しますが
それ以降は多汗症が再発し始めます。(稀に再発しないケースもあるようです。)

 したがって、ボトックスによる多汗症治療には、
ボトックス注射を繰り返し受けることが必要になります。
 治療前にはこれらのことを認識し、承諾しておきましょう。

[PR] 自動車保険 見直し



共通テーマ:健康

ボトックスで、こんなことも・・ [ふくらはぎへのボトックスの効果]

 ボトックッス注射は目尻や口元に出来る表情シワをなくすだけでなく
顔のエラのハリを抑え小顔になることが出きます。
これは、筋肉を動かすための神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を抑制し、
咬筋(噛む時の筋肉)の働きを抑えてリラックスした状態をつくる働きがあるからです。
 ボトックスを注射を顔に1mm注入するだけで、表情が違って見え
小顔になった印象を与えます。
 個人差がありますが、エラの部分に数箇所ボトックス注射をするだけで
咬筋が退化し小顔になれ、半年から1年くらいその効果が持続します。
施術時間は、およそ10分くらいです。

 それと、口の形がへの字ではあまりいい印象を人に与えないものですが、
口角(口角挙上)に関してもボトックス注射は
エラの場合と全く同じ効果が得られ、顔の表情をとってもよくします。

 そして、ボトックス注射をすることで、運動では取れにくい
ふくらはぎ(脹脛)のラインを綺麗なものにすることができます。
 ボトックス注射を発達したふくらはぎに注入すると、他の部位と同様、
ふくらはぎの筋肉の収縮を弱めます。
これによって、ふくらはぎの筋繊維は修復されないため、筋肉は退化し、
ふくらはぎのラインが綺麗になります。
 ただし、ボトックス注射は筋肉に対してのみ働きますので、
ふくらはぎについた脂肪などには効果がありません。

 そのような脂肪を取ってスッキリさせたいならば、メソセラピー(脂肪溶解注射)や
脂肪吸引といった方法が必要になります。

 ただし、エラ、ふくらはぎに対するボトックス治療は、
保険の適用外となりますので気をつけてください。

 ボトックス注射による治療費が安いところは、使用されているボトックスが
どこの製品であるかを確認したほうがいいでしょう。
アメリカとアイルランドの場合はアラガン社製品ですし、
イギリス製の場合その品質は安心できます。
 しかし、韓国製だった場合はボトックスによる治療効果が少く、
中国製ではアレルギーを起すケースが見られ品質管理上の
問題がある場合が多いので気をつけたほうがよいでしょう。
 ボトックスをふくらはぎに注射すると約2週間程で、
ふくらはぎの筋肉が細くなってくるのが自覚でき、
個人差がありますが時間がたつにつれてより細くなっていきます。

 ボトックスの効果は、通常は約半年持続し元に戻っていきますので、
効果が切れかける頃にボトックスを追加注入すれば、
ふくらはぎの筋肉が細くなった状態を維持することができます。

ただし、1回の注射後は約3ヶ月間の期間をあけてください。
 ごく稀にボトックスの効果が全く表れない場合がありますが、
これは中和抗体(薬の耐性)ができてしまうのが原因です。
 中和抗体は、3ヶ月以内に何度も注射するとできやすいようです。

 ふくらはぎを細くするボトックスの施術方法は、ふくらはぎの筋肉に力を入れるか
足首を伸ばした状態で、筋肉内6ヶ所ほど注射します。
 注射ですから短時間で終わりますし、ボトックス注射後は、
腫れや痛み、内出血も殆どなくすぐに歩いて帰れます。

 ボトックスをふくらはぎに注射した後2~3日くらいは、足がもつれるような感じがして
歩きづらくなったり、足が疲れやい、まただるく感じることがありますが、
これは徐々にうすれていきますので安心してください。
 ボトックスを注射した当日は、入浴を避けシャワー程度に済ませるようにして、
注射後は2~3日くらいの間は自動車の運転や激しい下半身の運動は
控えたほうがよいでしょう。
 妊娠や授乳中の方や他の重篤な疾患の治療中の方には、
ボトックスを体内に投与できませし、特定の抗生物質や
筋弛緩剤投与中の方もボトックスを投与できないことがあります。

そして、ごく稀にアレルギー症状が出る場合がありますので、
ボトックスを投与する前には、医師によく相談してから投与するようしてください。

[PR] 自動車保険 任意保険



共通テーマ:美容

エラに対するボトックスの効果 [ボトックスでエラを改善]

 ボトックス注射は、しわ取り効果や多汗症などの治療に効果的
であるのはもちろんのこと、エラを縮小する治療にもボトックス注射は使用されています。

 エラが張ってしまう原因のひとつに、物を噛むための筋肉である
下あごの咬筋の過剰な肥大があります。
 このことか原因でエラが張ってしまっている場合に、
ボトックスを注射による治療が効果を発揮するのです。

 エラのもととなっている咬筋の過剰な肥大の原因とし、
歯ぎしりや常時ガムを噛んでいることなどが考えら、
ボトックス注射をすることで咬筋の収縮作用を弱らせ
動きにくくできますので、あごの筋肉は退化し
自然にエラが縮小され小顔になれます。

 従来、このような方のエラを縮小させる方法としては、
外科的手術による治療がされてきましたが、ボトックス注射による治療ならば
メスによる切開の必要もなく短時間のうちにエラを縮小させることができるので、
エラの治療法としては非常に画期的です。
 ただ、ボトックスを注射して筋肉の動きを抑制する作用には限度があり、
半年くらいでエラ縮小効果が薄れてくる場合が多いので、
継続的に注射してボトックスを注入してあげる必要があります。


 ボトックス注射によるエラ治療をする場合、
まずはエラの張り具合や筋肉の厚さ、形などをエコー検査によって確認して、
ボトックス注射の注入量とエラの適切な注入部位を決定する必要があります。
 これは、ボトックス注射による治療は筋肉に対してのみ効果があるからで、
エラの原因が骨の張り出している場合にはボトックス注射では
効果が現れにくいからです。

 ボトックス注射の施術に必要な時間は15~30分くらいで、
痛みに敏感な方の場合には麻酔を行うこともあるようです。
ボトックス注射によるエラ縮小効果は、
個人差がありますが1~2ヶ月経つと現れてきて、
半年くらいで元に戻ってしまうので、その後は再度、
ボトックスを注入する必要があります。

[PR] 任意保険料



共通テーマ:健康

ガミースマイルはボトックスで直る [ボトックスが効果的な症状]

 ガミースマイルを切らずに治療するのにボトックス注射が役立っています!
 ガミースマイルというのは、笑うと(笑顔でも)上の歯ぐきが見えてしまう表情で、
ガミースマイルの人はどうしても恥ずかしさから笑うときに手で口元を押さえてしまいがちです。

 いままでは、このようなガミースマイルをなおすには、

1)上あごの骨から手術する
2)歯ぐきと上唇を縫う(粘膜切除法)
3)鼻柱基部プロテーゼ挿入法

という外科的手術が必要でしたが、ボトックスによる治療法ならばその必要がありません。
 ガミースマイルとは、必要以上に上の唇が引き上げられ笑ったときに
歯茎の多くが見えてしまうような状態なので、ガミースマイル特有の
笑ったときの筋肉の動きをボトックス注射の特徴を生かして抑制してあげることで、
唇が吊り上るのを改善し治療していきます。

 ボトックス注射のよるガミースマイルの治療では、一般的には
まず診察し筋肉の走行状態や強さなどを調べることから始めて、
次にどの部位にどの程度の量のボトックス注射を行うかを決定します。

ボトックス注射でガミースマイルを治療するために、必要な時間は
約5~10分で、ボトックス注射による治療後はお化粧をして帰宅することができます。
 ガミースマイルの治療をボトックス注射で行なうメリットは、
切開などの外科的施術をしないので、傷跡が残らないし、腫れたりしません。
デメリットとしては、半年程度たつと効果が薄れ始めるため、継続的に
ボトックス注射を再度行う必要があることと、ボトックス注射をした部位が
内出血することが稀にあります。
ただし、内出血は1週間程度で解消される場合が多いようです。

 多少の個人差はありますが、ボトックス注射のよる治療後は、ほとんどの人が
ガミースマイルの改善効果を自覚できるようです。
 ボトックスは、シワの改善に劇的な効果があることで一般に知られるように
なりましたが、もともとは眼瞼・顔面痙攣などの治療のための使われていたものです。
 ボトックスの主要な成分であるボツリヌス毒素には、神経から筋肉への
収縮作用の指令の伝達を阻害する働きがあります。
この働きが、脳性麻痺の治療にも役立っているのです。

 脳性麻痺とは、出生前後の脳障害に伴う「運動と姿勢の異常」と定義されています。
 その障害による症状は個々によって大きく違っており、
全身に症状がおよぶ人もあれば、下肢(足)だけに見られる人もいて、
てんかん、知的発達の遅れ、呼吸や食事の障害などの合併症を伴う人など様々です。
 このうち強い筋緊張を示す場合の治療法は、内服薬の投与や、リハビリが中心で、
変形のみられる場合には整形外科での手術も行われます。
 海外では、他にも新しい治療法がいくつか導入されてきていますが、
日本国内では、脳性麻痺の治療が可能な病院は限られおり、
その治療法が保険診療の対象になっていなかったりするなど制約が多くあります。
 そんな脳性麻痺を治療する方法の1つに、ボトックスによる治療があるのです。
 ボトックスによる治療で効果が期待できる症状は、頚の不随意な運動を
自分でコントロールできない方、また頚から背中の緊張のために
強く体を反らせてしまう方などのアテトーゼという症状です。

 そのような症状の患者さんにボトックスを注射すると、
筋肉の緊張を弛(ゆる)めるボツリヌス毒素の影響で

「体や顔の向きを自分でコントロールできるようになった」
「頚や肩の痛みや凝(こ)りが楽になった」
「寝ている姿勢が良くなり、反り返りもなくなった」
「座る姿勢が安定し食事介助がしやすくなった」
「抱きやすくなった」

などの効果が得られます。

 頚(くび)から背中にかけての姿勢の異常に対し、ボツリヌス毒素製剤を使うことは、
5年ほど前に日本でも承認されました。
 ただし、一般的にはこのボトックスによる治療効果が持続するのは
注射後3~4ヵ月間です。

[PR] 任意保険 値上げ

共通テーマ:健康
前の10件 | -
-|2009年08月 |2009年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。