So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ボトックスでエラを改善 ブログトップ

エラに対するボトックスの効果 [ボトックスでエラを改善]

 ボトックス注射は、しわ取り効果や多汗症などの治療に効果的
であるのはもちろんのこと、エラを縮小する治療にもボトックス注射は使用されています。

 エラが張ってしまう原因のひとつに、物を噛むための筋肉である
下あごの咬筋の過剰な肥大があります。
 このことか原因でエラが張ってしまっている場合に、
ボトックスを注射による治療が効果を発揮するのです。

 エラのもととなっている咬筋の過剰な肥大の原因とし、
歯ぎしりや常時ガムを噛んでいることなどが考えら、
ボトックス注射をすることで咬筋の収縮作用を弱らせ
動きにくくできますので、あごの筋肉は退化し
自然にエラが縮小され小顔になれます。

 従来、このような方のエラを縮小させる方法としては、
外科的手術による治療がされてきましたが、ボトックス注射による治療ならば
メスによる切開の必要もなく短時間のうちにエラを縮小させることができるので、
エラの治療法としては非常に画期的です。
 ただ、ボトックスを注射して筋肉の動きを抑制する作用には限度があり、
半年くらいでエラ縮小効果が薄れてくる場合が多いので、
継続的に注射してボトックスを注入してあげる必要があります。


 ボトックス注射によるエラ治療をする場合、
まずはエラの張り具合や筋肉の厚さ、形などをエコー検査によって確認して、
ボトックス注射の注入量とエラの適切な注入部位を決定する必要があります。
 これは、ボトックス注射による治療は筋肉に対してのみ効果があるからで、
エラの原因が骨の張り出している場合にはボトックス注射では
効果が現れにくいからです。

 ボトックス注射の施術に必要な時間は15~30分くらいで、
痛みに敏感な方の場合には麻酔を行うこともあるようです。
ボトックス注射によるエラ縮小効果は、
個人差がありますが1~2ヶ月経つと現れてきて、
半年くらいで元に戻ってしまうので、その後は再度、
ボトックスを注入する必要があります。

[PR] 任意保険料



共通テーマ:健康
ボトックスでエラを改善 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。