So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボトックス注射ってどんなもの [ボトックス注射その効果とは]

 ボトックスというのは、ボツリヌス菌の神経毒素複合体の中から
A型という血清型毒素だけを精製して取り出した製剤です。
 ボツリヌス菌と聞くと食中毒を一般的に頭に思い描いてしまいますが、
ボトックス治療はあくまでも調整した毒素を使うので全く問題ありません。

 ボトックスは、欧米では1970年代から
シワ、多汗症、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頚、斜視、顔面チック、片頭痛などの
疾患治療に使用されていて、日本でもアラガン社ボトックス注100 (A型ボツリヌス毒素)
という商品名で、1997年4月から眼瞼痙攣の治療薬として厚生労働省から認可されています。

しかし、シワや多汗症の治療薬としては、残念ながらまだ厚生省の認可がおりていないので、
日本国内ではこの薬が購入できないため製造会社から医師が治療薬として
直接輸入するしかないので高価なものとなっています。

 ボトックスを使ってシワ治療を行なう際は、洗顔したあと検査し、ボトックスの使用量等をきめます。
 医師の診断に基づき、ボトックの使用量等が決まったら、細い針を使って
ボトックス注射を注入します。
 痛みに弱い方へは麻酔を使用する場合もありますが、施術後は
化粧をして帰宅していただいてもかまいません。
 ボトックスの施術当日は入浴はできませんが、洗顔やシャワーは可能です。
 その後、ボトックス治療の効果を確認するため、術後3週間たったら受診が必要です。

 ボトックス注射を注入後、2~4日でその効果が現れはじめ、2~3週間で最大となります。
 個人差がありますが、効果の持続期間は、4~6ヶ月くらいです。
 ボトックス注射は、表情を表す筋肉の動きを抑制してシワを改善する方法で、
深いシワの溝を埋めるにはコラーゲンやヒアルロン酸などの注入療法が必要となります。

 ボトックスによる治療は、どのような悩み・症例に効くのでしょうか。
 ボトックスには、注入された部分の動きを抑える働きがあるので、
表情筋による額やおでこにできる横じわ、眉間のしわ、目尻に出来るカラスの足跡のような
しわを解消することができます。
 また、その他のにも、多汗症の改善やエラ張りの元となる
咬筋をスッキリさせる(=小顔効果・歯ぎしり改善)効果があります。
 ボトックスによるしわ治療は、しわの溝そのものを埋める
ヒアルロン酸とは異なり、注入された部分の末梢神経からの命令が
筋肉に伝わりにくくなって一部の筋肉を働かせなくすものなので、
浅いしわの治療に効果があります。
 個人差がありますが、ボトックスのしわに対する効果は
3ヶ月~6ヶ月程度で、ボトックスを注入後、その効果が現れるまでに
2週間~2ヶ月ほどかかります。また、3ヶ月~8ヶ月程度で
定期的に注射することにより効果は長続きします。

 ボトックス注射によるシワ治療は、フェイスリフトの手術を受けたのと同じくらいの効果があります。
 ボトックス注射の施術方法は、最も痛みの感じにくい
細い針で注入し、注入部位によって多少異なりますが、
一ヶ所あたり数十秒~数分の時間で終了します。
 また、注入部位が多少黄色くなったり赤くなる場合がありますが
お化粧などでごまかすことができ、2~3日くらいで消失しますので心配はありません。
 ただ、ボトックス注射をした当日は、入浴や飲酒を控え、施術後3~4日間は
他部位へのボトックスの拡散を防ぐために注入部のマッサージはしないでください。
化粧や洗顔は、施術後行っていただいてかまいません。
 そして、ボトックスの最低作用期間である3ヶ月間は、
妊娠や授乳(男性は受精)の安全性が未確認ですので、避けるよう注意してください。

 ボトックス注射は、額や目尻などの気になる表常ジワの改善には
とても有効な治療法の1つですが、ここでは「ボトックス注射」の
メリット・デメリットを紹介したいと思います。

ボトックスのメリット≫

 従来のしわ治療といえば、メスを使用した外科手術が主流で、耳の後ろ辺りの皮膚を切除し、
顔の皮膚を後ろに引っ張って縫い合わせるというものでした。
 しかし、ボトックスがシワの治療に有効なことが分かると、
メスを使わずに注射で済むようになりましたので、
以前よりも患者さんの心身の負担が減ったと言えるでしょう。
 またボトックスのしわの改善効果は数ヶ月で消えてしまいますから、
万が一、治療の結果が気に入らなくても数ヶ月我慢すれば元に戻すことができます。
 ですが、ボトックス注射によるシワ治療の効果が優れているので、
効果が切れてシワが戻ってくるといたたまれなくなり、再度治療する方が多く、
「一度打ったらもう止められない」と感じる方が多いようです。
 また、注射の箇所や本数によって違いますが、ボトックス注射における治療時間は
約10分~1時間くらいです。

ボトックスのデメリット≫

 ボトックスのシワ改善の効果を維持するには、ボトックス注射を定期的に打つ必要があります。
 ボトックスが注入された部分は、筋肉を動かすための神経伝達物質アセチルコリンの放出が
抑えられるため、表情ジワの原因である表情筋が動きにくくなりますが、ボトックス注射後
3ヶ月くらい経つと、新しい運動神経の側副枝が伸びるため、アセチルコリンの放出量が多くなってきます。
 ですから、年に2~6回程度、ボトックス注射による治療を
続けることが必要となってきますので、費用・心身の負担が長い間続くこととなります。
逆に言えば、もし気に入らなければ数ヶ月待てば元に戻るというメリットでもあります。
 そして、ボトックス注射による治療の効果のほどは、
治療にあたる医師の経験や技術によって大きく左右されてしまいますので、
治療の際は経験豊富なドクターを慎重に選ぶ必要があります。

 ボトックスの注入量が多すぎると、表情筋の動きを抑制しすぎてしまい、
「能面」の様に表情が乏しくなってしまうことがあありますし、
免疫系の過剰反応を引き起こす場合もあるので、治療場所や施術される医師選びは
くれぐれも慎重に行なうよう気をつけてください。

[PR] 自動車保険 保険料



共通テーマ:美容

ボトックスで考えられる副作用


 ボトックスは、比較的副作用の心配がいらない治療法ではありますが、
それでもボトックス注射をした後には一時的に変化が起こることはやっぱりあるようです。

 1番多いボトックス注射の副作用は、注射した付近の筋力低下です。

 ボトックスは、筋肉や神経を麻痺させ、その働きを抑える効果があるわけですが、
例えば、顔のしわをとるのにボトックス注射を使用した場合、
頬がうまく動かず顔が引きつった不自然な笑い顔になることがあったり、
目のまわりにボトックス注射をするとまぶたが垂れ下がるような状態になる
などの副作用が起こる場合があるようです。

 また、ボトックス注射をふくらはぎにした場合は足が疲れやすく、
だるさを感じたり、足がもつれて歩きにくくなったりすることが
ありますが、このような副作用はだいたい2週間くらいで
解消されていくことが多いようです。

 それと、ボトックスを注射する時、強い痛みを感じたりボトックス注射をした周辺が
内出血(皮下出血)したりすることが稀に起こります。
ボトックス注射は、一般的に非常に細い針を使用するなど
痛みや出血に対しは注意をしているのですが、顔には非常に多くの
毛細血管が存在しているので、施術する医師の経験と技量によっては、
このような副作用が起こる場合も有ります。

しかし、このようなボトックス注射による副作用は、1週間もすれば
解消される場合が多くいので、このような副作用についての心配は、
あまり必要ないようです。
 ボトックス注射による治療を行う際には、このような副作用などについても
充分に理解した上で、医師とよく相談してボトックス注射による治療を
するべきかどうか考えるようにしましょう。

 ボトックスは手術をするのではなく、注射と薬物投与によって
シワを治療していくのですが、ボトックスの投与後には色々な
副作用がともなうことがあります。
 では、ボトックス治療にはどんな副作用が挙げられるのでしょうか?

まず、ボトックス治療は、
注射を使用するため注射による痛みが伴います。
痛みの程度は、注射をする場所や注入量などそれぞれによって違ってきます。

そして、何よりも1番大事なのは、ボトックスはその適正量や正しい使用法が
確立しているわけではないのでドクターの技術や経験値に頼る部分が大きいことです。
 ボトックスの注入量やドクターの経験・技術によっては、注射した場所が
内出血を起こしたり、注射後に頭痛を起こすことがあります。
また、ボトックス治療は、注射した周辺の筋肉に影響を及ぼしてしまうため、
目の周辺に注射するとまぶたの垂れ下がりが起こる可能性があります。

 顔の表情に関係している筋肉の動きをコントロールするのが
ボトックス治療の特徴ですから、注射をする場所や注入量によっては、
注射する前と後では表情がまったく変わってしまうことが起こることもかんがえられます。
 ただ、これらの副作用は必ず生じるわけではありません。
治療されるドクターの、技術や経験値によってもその結果は違ってくるでしょう。
このような副作用を伴う可能性があるため、妊婦や授乳中の方は
ボトックスによるシワ治療はしないほうがいいですし、
妊娠は注射後半年くらいは避けた方がよいようです。

 それと、治療に使われる成分にアレルギーのある方や、
筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬を服用中の方も
ボトックスによる治療はできません。
またボトックスの治療を受ける際、注射後、注射部位の
内出血・腫れ・赤みが増すことがあるという理由から、禁止事項がいくつかあります。

禁止されているのは、治療当日の

  ・ 長時間の入浴
  ・ サウナ
  ・ 飲酒
  ・ マッサージなど

などですので注意してください。

[PR] 自動車 任意保険 保険料



共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。